留学に必要なモノ

はじめて留学を経験する人はとくに、留学先へはなにを持参する必要があるのか、疑問に感じてしまうものです。以下に留学の必需品といえるようなものをまとめていますので、今後、留学したいと思っている人は目を通しておくと良いでしょう。

まず必要なものを大まかに挙げていきますが、パスポート、航空チケット、日本円と現地通貨、クレジットカード、国際キャッシュカード、海外専用プリペイドカード、国外旅行傷害保険証書、入学許可証・滞在先住所など学校からの書類、国際免許証といったものをあげることが可能です。人によってはこうしたもののほかに、これだけはなくてはいけないというものはあるでしょう。

なお、必需品ということで以上に様々なものの名前をあげましたが、必ずしも必要ではないものもあります。たとえば国際運転免許証は必須アイテムではありません。留学先で車の運転をしたい人やしなければいけない人のみが必要なアイテムです。

また、留学先に持って行くものとしてとくに注意したいのがドライヤーです。留学先の電圧が日本国内の電圧と一緒ではない場合、変圧することができるものでないといけません。日本と異なる場合には変圧器が必要になることが多いため、向こうの電圧を確認して購入するか、現地で販売されているドライヤーを買い求めると良いでしょう。

留学先選びのポイント

留学先を選ぶ際には、まず一番基本的なこととして、どこの国に行きたいのかを決めなければなりません。また、国だけでなく都会がいいのか田舎がいいのかというように、どういった地域に行きたいのかを決める必要もあります。国は自分が学びたいと思っている外国語の能力が高められるかどうか、地域は生活しやすいかどうかというのを基準に選ぶと行ったあとに悔やむことにはなりにくいでしょう。

また、留学というぐらいですので、どの学校に行きたいのかを検討しなければいけません。コミュニティカレッジを含む大学付属英語学校がいいのか、私立語学学校がいいのかという具合に、学校選びを行ないましょう。自分の学びたい内容になっているコースが用意されているのか、お金はどの程度かかるのか、どの程度の規模の学校でクラスには何人いるのか、日本人がいたり日本語が通用したりする人は学校にいるのか、入学条件にはなにがあるのかという具合に情報収集をしてみると、理想的な学校に出会いやすいでしょう。

そのほか、現地での生活のことを考慮する必要もあります。留学先を決定する際には、寮、ホームステイ、アパートなどどこで生活することになるのか、周辺にお店や交通機関があるのかといった情報もチェックしておくと留学先での暮らしが快適になるでしょう。

メリットとデメリット

まずは留学のメリットですが、滞在期間や過ごす時間の濃密さにもよりますが、行った先で使用されている言語の能力を高めることが可能です。過ごし方しだいでは、たとえば留学前より格段に英語力が向上したという効果を期待することができます。また、英語を例にとると、公用語になっている国に行くことによって、自分自身が英語を使用する機会が増えます。使用する機会が多いということは、それだけ言語力が鍛えられる環境に身を置くことができているということのあらわれでもあります。言葉を巧みに操れるようになることによって、帰国後の就職などに強みになることでしょう。現地での出会いがあり、友人などが増える可能性があるのも留学の魅力の一つです。

一方、留学のデメリットですが、どの程度の期間なのかにもよりますが多額の費用がかかります。海外旅行にはお金がかかるというのはほとんどの人がご存知のことでしょうが、向こうで生活を送るとなると、より多額のお金が必要になります。また、留学をすることによって絶対に語学力が高まるわけではありません。本人が一所懸命に学んでいたとしても、留学先によってはたとえば英語のなまりが身に付いてしまうという厄介な問題も起こり得ます。